整備 その他

2011年06月27日

HONDAリードは、水冷エンジンになりますのでラジエーターの冷却水を交換が必要になります。
HONDAでは、4年毎の交換をお勧めしているようです。
冷却液交換工具

クーラント液の交換に使った工具です。
①クーラントの排出液を受けるバット
②T型トルクスレンチ T-40
③8/10/12 ソケットレンチ
④エクステンションバー
⑤ラチェットハンドル
プラスッチク注射器

※プラスチック注射器は、キャリパーの空気抜きにも使えますので1つ持ってると便利。

リアキャリア

1)リアキャリアを外す。 
  
  上の写真の赤丸部分のボルトを12mmソケットレンチを使って外す。

ラゲッジボックス

2)ラゲッジボックス内の中敷を外す。赤丸部分のボルトを10mmソケットを使い外す。

冷却装置
《写真をクリックすると大きくなります》

リザーブタンク

3)注射器を使ってリザーブタンク内のクーラント液を抜き出します。
  リザーブタンクから抜き終わったら、サイフォンチューブをラジエーターキャップから外します。
  チューブの先端部分を潰しながら外さないと、残りのクーラント液が漏れ出します。

※クーラント液は排水溝に流がしてはいけません。

ラジエーターキャップ

このままではラジエーターキャップが外せないので、ラジエーターカバーを外します。

ラジエーターカバー

4)ラジエーターカバーのボルトを8mmソケットで外します。
  
次にラジエーターキャップを外してから、ラジエーターカバーを外します。

ボルトを外しただけではカバーがラジエーターキャップに引っ掛かり外せません。

3本のボルトを外したら、カバーをずらしてラジエーターキャップを取り外します。
ラジエーターキャップが外れたら、次にラジエーターカバーを外します。
取り付けする時の為に、確認をしながら作業をしましょう。外すだけなら力ずくでも出来ますが、戻す時は力だけではどうにもならない場合があります。

ラジエータードレン

  ラジエーター液排出のドレンは2ヶ所あります。

5)最初に左側のドレンボルトをT-40トルクスレンチで外します。

冷却液排出

  左が終わったら右側のドレンボルトを10mmソケットレンチで外す。

冷却液ドレンボルト

 ドレンワッシャーには、それぞれシーリングが付いています。
※一回くらいなら交換しなくても大丈夫ですが、チェックし辛い部分なので新しい物を使うようにしましょう。

左側のドレンボルトには、[19109-GFM-890(78円)]のOリングが付いています。
古いOリングを外し、新しい物に交換します。Oリングを付ける時は、爪で押し込んだり工具を使用したりしてはいけません。ゴムに傷が付いたらシーリングの役目をしなくなります。

冷却水ドレンのOリング

JIS規格のOリングと同サイズです。サイズは、[●内径:7.8mm 外径:11.6mm 太さ:1.9mm]

ホームセンターでは、【規格Oリング JIS B 2401 P8】の商品名で売られています。
HOME’S(島忠)』では、4個入りで88円で売られています。耐油・耐熱(120℃)なので問題ありません。

右側のドレンボルトには、[90463-GFM-900(94円)]の銅ワッシャーが付いています。
銅ワッシャは、6mm用のでしたら、純正品以外でも代用可。
http://www.straight.co.jp/item/19-91406/ (ストレート 10枚90円)

5)ドレンボルトを2箇所とも閉めます。サイフォンチューブもラジエーターキャップに取り付けておきます。
  ドレンボルトは強く締めてはいけません。 トルク :1N.m
 両方ともボルトを手で思いっきり締めて、最後に工具を使って軽く増し締めする程度で十分です。

クーラント液
     新しいクーラント液(緑色)古いクーラント液(青色)

★《ラクラククーラント》は、ホームセンターD2で購入しました。 2リットルで598円です。
ホームセンターのコメリとビバホームでも598円で売られています。
ドンキホーテーは798円。
HOME’S(島忠)』では、同商品が548円で売られており、ワングレード上のロングライフも安かったです。

※青色と緑色以外にも、赤色のクーラント液も売られています。性能は同じなので好きな色を選択できます。
だたし、色の確認が出来るのはラジエーターの漏れがあった場合くらいです。また2色以上を混ぜ合わせると黒くなるので避けた方が良さそうです。メーカーが派手な色を付けている理由は、ラジエーターの液漏れを早期発見し易くするためです。

今回使用するクーラント液は、《古河薬品工業㈱のラクラククーラント2L》です。
http://www.kykk.co.jp/contents/products/04llc/04.html
すでに薄められていますので、水道水で割る必要はありません。


ラジエーターへの冷却水補充

6)ラジエーターにクーラント液を入れます。

※プラスチック注射器を使うと溢さずに入れられます。

7)エンジンを回して空気抜きをします。エンジンを止め、クーラント液が減っていたら補充します。

8)ラジエーターキャップを閉める前に、ラジエーターカバーを嵌めて置きます。
  ※ ボルトはまだ締めないでください。 
  ラジエーターキャップを閉めたら、ラジエーターカバーを固定します。 

リザーバータンクへの補充

9)リザーブタンクにもクーラント液を入れます。
  サイフォンチューブ内にも空気が溜まっています。チューブを弾いたり潰したりして、なるべく空気を抜くようにしましょう。

10)ラゲッジボックスとリアキャリアを戻して終わりです。

 にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  人気ブログランキングへ

    今回の交換に掛かったら料金 

冷却水と注射器

Oリング     78円  (HONDA DREAM)
銅ワッシャ    94円 (HONDA DREAM)
クーラント液  598円 (ホームセンターD2)       
※使用量は1/3 『ビバホーム』『コメリ』『カインズホーム』は同価 『HOME’S(島忠)』は548円。

オートバイ屋さんに頼むと、部品と工賃を含めて5000円以上掛かるようです。

冷却水 交換時期

☆冷却水の交換以外の整備記録は、下記のURLをご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3335020.html

>>次



ookinatamatebako at 00:10 

2011年06月05日

走行距離14500kmになりました。 近頃、クラッチが滑るような感覚があります。
特に、0km⇒40km辺りでもたついてるような気がします。

駆動カバー1

カバーを外します。写真にある3箇所のネジを5㍉の六角レンチを使って外します。

駆動カバー金属

プラスチックのカバーを外すと、中から金属のケースガバーが出てきます。

※ EU仕様には、プラスチックのカバーは付いてないようです。

クラッチカバー パーツリスト

上の図の《9》のネジ8本を、8㍉のソケットレンチで緩めて、金属のカバーを外します。
初めてカバーを外す場合は、《5》のガスケットが貼り付いて外し辛くなっているかもしれません。先端のダクトホースを外し、プラスチックハンマーとスクレパー(マイナスドライバーでも可)などを使い、ガスケットを疵付けないように剥がします。(多少なら切れても問題はありません)

駆動機関

金属のカバーを取ると、駆動部分が出てきます。
右側の円がクラッチ、左の円はプーリーになります。
http://www2.yamaha-motor.jp/bike-word/word.asp?id=362
プーリーの上に付いてる円は、スターター(ピニオンギア)です。

プーリー脱着ホルダー
プーリー脱着ホルダー(ホンダ車用)http://www.webike.net/sd/526076/

クラッチのアウターの穴に【プーリー脱着ホルダー】のピン側を刺し、中心のナットを19㍉のソケットレンチで反時計方向に廻して外します。

クラッチ

アウターを外すと中からクラッチ(パッド)が現れます。

クラッチ(パッド)

クラッチ自体の大きな磨耗は確認できませんでした。14500kmですが、まだまだ使えそうです。

※新品状態のクラッチ(パッド)は、2枚目と3枚目の写真で確認してください。
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3035230.html

クラッチ49ニュートン

確認が終わったので、元に戻します。クラッチの締め付けトルクは、49N.mです。

クラッチ外しに使った工具

クラッチの磨耗を確認するのに使った工具です。
1)5㍉の六角レンチ
2)8ミリのソケットレンチ
3)プリセット型トルクレンチ
4)19ミリのソケットレンチ
5)プーリー脱着ホルダー(ホンダ車用)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログへ

クラッチのアウター部分を中性洗剤で綺麗に洗い流しました。

クラッチパッドが磨耗し、粉塵が潤滑剤の役目をしてクラッチを滑らしていた可能性があります。

今回は、これで様子見にしておきます。

その他のメンテナンス履歴は、
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3335020.html

追記:加速が上がったようには思えないけど、滑る様な感覚はなくなりました。

>>次

ookinatamatebako at 23:40 

2011年05月21日

14,000km

今までもメンテナンス歴

オイル交換(9回)
700km/1500km/3000km/5000km/7000km/9000km/11000km/13000km/15000km
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2975771.html
※ ホンダリード110のオイルの減り方は異常です。早目の交換が必要。

オイル追加(1回)
16000km
※ 1000km走るとオイルが100cc減るので、1000km毎に100ccオイルを追加することにしました。

オイルストレーナ(オイルフィルター)の清掃(2回)
7000km/15000km
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3610757.html

トランスミッション(ギヤー)オイルの交換(2回)
10000km/16000km
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3795994.html
※ メーカーの指定は40000km毎

クーラント液(冷却水)の交換(1回)
15000km
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3674234.html

前輪タイヤ交換(回)
チェンシン C-922F(~7500km) → ダンプップD306(7500km~16000km
→IRC MB58(16000km~)
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3834134.html
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2886173.html

後輪タイヤ交換(2回)
チェンシン C-922R(~4500km) → IRC MB520(4500km~10500km) 
→ ミシュランS1(10500km~16500km)→IRC MB520(16500km~)
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3887038.html
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2900631.html
※ チェンシンタイヤはスリップし易かったので、スリップサインが出る前に交換。

フロントブレーキパッド交換(2回)
純正ブレーキパッド(~8000km) → ベスラ VD-134/2SJL(8000km~16000km)→
RK ファインアロイ55 FA5 825
16000km
~
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3803063.html
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3062044.html

ディスクローター交換(1回)
16000km
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3816503.html

フロントキャリパー清掃及びフルード交換(1回)
清掃及びクーラント交換(11500km)
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2475109.html

リアブレーキ調整(数回)
適時調整
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3012101.html

ブレーキレバー修理(注油)
10000km

ウエイトローラー交換(1回)
純正ウエイトローラー(~10000km) → 純正(10000km~)
※ 10000kmで交換だと、ちょっと遅すぎた感じです。次回は7000kmで交換予定。

Vベルト交換
純正Vベルト(~10000km) → 純正(10000km~)
※20000kmくらいまで使っても問題は無さそう。

スパークプラグ交換
純正プラグ(~10000km) → NGKプラグ《CR7EH-9》(10000km~)

クーラント液追加
2000km(水道水追加)

スロットルの修理
8000km(油切れ)
※ 油切れにより、スロットルが戻りづらくなっていた。

エンジン修理
4800km
※ エンジン不良により、メーカー修理。修理内容は不明。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログへ

緑色の数字(km)は、14000km以降に書き加えた追記分になります。

リード110の燃費は?

リード110は、1回の給油で何キロ走る?《市街地編》
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2882829.html
リード110は、1回の給油で何キロ走る?《ツーリング編》
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2854740.html

>>次

ookinatamatebako at 00:14 

2011年05月18日

    『Mr.Gripman』って、知ってますか?

ミスターグリップマン


タイヤにスプレーするだけで、グリップ力が上がる魔法のような商品です。

グリップマン効用

          ■ Mr.Gripman の特長 ■

  • Mr.Gripman 独自の被膜がタイヤの接地面とのグリップ力をアップ
  • Mr.Gripman 独自の被膜はあらゆるタイヤに対応し、濡れた路面や道路ペイント面でもグリップ力を発揮
  • 被膜が生んだグリップ力がタイヤに効率よく駆動エネルギーを伝達、走行安定性が大幅に向上

  • グリップマン

     サイトで『Mr.グリップマン』の口コミを探してみると、「怪しい!」「タイヤが溶け易い!」「プラシーボ効果だ!」「全く効果がない!」「素晴らしい!」「転んだ orz 」など、いろいろな意見が載ってました。中には「燃費が15%UPした」など、とても信じられない書き込みまでありました。

     「タイヤが溶け易くなる」ってのは、別のオートバイ用品店のケミカル担当の人も言っていました。ただ、タイヤを溶かしてグリップ力が上がるなら、試しに買ってみても良いかなと思っていました。

     1本(180ml入り)1890円もするので買うのを躊躇していたのですが、先日オートバイ屋さんを覗いたらメーカーの人が商品説明会を開いていました。展示即売会特価で2割引に、さらに試供品として鍵穴に挿す白い粉のスプレー《シリンダーパウダー》を付けてくれると言うので、購入に踏み切りました。

     説明会では、靴の裏に『Mr.グリップマン』を吹き付けてグリップ力の違いを体感させて貰えます。
     そこで気になったのが、以前聞いていた「ゴムを解け易くしてグリップ力を上げる」って事でした。片一方の靴の裏だけゴムが溶けちゃうのも嫌だなと想い質問を入れてみたのですが、メーカーの人の説明では、ゴムを解け易くするのではなくゴムの隙間に分子レベルのシリコーンを注入してグリップ力を高めているとの説明がされていました。
     
    グリップマン前タイヤ
    (リード110の前輪に履いてる、ダンロップD306 90/90-12です)
    タイヤの表面が白くなっているのは、『Mr.グリップマン』を噴いた跡です。

      《グリップマンの使用方法》 
     
    1)タイヤ接地面の表面をきれいにしてください。(乾拭きが良いが、泥汚れが激しい場合は濡れたタオル等で拭き乾燥させてください)

    2)ボトルを10回程度良く振ってから接地面にスプレーして下さい。1箇所に対して最低2~3回スプレーし接地面がしっとりと濡れる程度まで噴き付けてください。

    3)そのまま乾燥するまで待ってください。(乾燥すると薄く白っぽくなるのが目安です。白くなった表面は100m程度走行すると消えます)

    http://www.cosmos-techno.co.jp/auto/ct2_03.html

    グリップマン後タイヤ
     (リード110の後輪に履いてる、ミシュランS1 100/90-10です)

     単なるプラシーボ効果かも知れませんが、グリップ力が高くなっているような気はします。
    信号待ちをしている時に、ハンドルを左右に振っても今までとは違った感覚がします。

     後輪に履いてる《ミシュランS1》のタイヤですが、写真で見ても判るように街乗りでもタイヤの端から端まで使えるような面白いタイヤなのですが、 マンホールの上ではタイヤ1つ分くらい滑る事が多々あります。
     態とマンホールの上を滑らせるのも怖いので、忘れた頃にマンホールの上を走った時に真偽を体感出来ればと思っています。

     人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログへ

    ちなみにリード110の前後のタイヤに使用した消費量は、ボトルの1/7位です。
    通常料金で買ったと場合ですと、1回分で300円弱になります。
    ちょっと、多めに噴き付け過ぎた感はありますが・・・。

    >>次

    ookinatamatebako at 23:53 
    記事検索
    プロフィール

    たまてばこ

    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ