オイル

2011年07月09日

トランスミッション(ギヤー)オイルの交換をしました。

ファイナルリダクション

 リード110は、エンジンオイルとは別にトランスミッション(ギヤー)オイルの交換も必要になります。 リードの取説では、4年に1回なので交換しない人も多いですが・・・。

 ファイナルリダクションケースの中には、エンジンの回転を効率良くパワーに変える為のギヤーが入っています。そのギヤー(歯車)の磨耗を軽減しスムースに動かす働きをしているのがトランスミッションオイルになります。

 1)エンジンを掛けて、ファイナルリダクションケース内のオイルを暖めます。

トランスミッション

 2)(上の写真の)青丸部分のネジ(オイルドレンボルト)を外して、トランスミッションオイルを抜き出します。 緑丸部分のネジは、オイルチェックボルトです。

ギヤーオイル排出口

 3)ドレンボルトを戻したら(トルク:13 N.m)、オイルチェックボルトの点検口からオイル100ccを入れます。

 ※ トランスミッションオイルは、エンジンオイルと同じ《HONDA ウルトラE-1》です。

オイル100cc

 4)オイルを注入したら、オイル量のチェックをします。

※ 平坦な場所でメインスタンドを立て、車両を垂直に保ちます。チェックボルトの穴からオイルが沢山漏れて来るようだと入れすぎです。逆に全く漏れて来ないようだとオイル量が少ない可能性があります。ボルト穴の下側とオイルの上面が同じ高さになるようにしましょう。

ギヤーオイル注油口

 5)オイル量のチェックが済んだら、ボルトを戻します。 (トルク:13 N.m)

ギヤーオイル点検

 

ギヤーオイルワッシャー

新品のシーリングワッシャーのサイズは、外径15.7mm 内径8.4mm 厚み2.1mm

※ チェックボルトとドレンボルトのワッシャーは同じものです。(同品番)

外したシーリングワッシャー

外したシーリングワッシャーは、外径16.4mm 内径8.2mm 厚み2.0mm

※古いシーリングワッシャーは、潰れて薄くなり広がっています。

純正以外のアルミワッシャーでも代用できます。
アルミワッシャー 30ピース M8 19-91708 
http://www.straight.co.jp/item/19-91708/
外径14mm 内径8.0mm 厚み1.5mm 207円(30枚)

鉄やステンレスのワッシャーは使用できません。
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3631107.html

ギヤーオイル交換の工具

 今回使った工具は、エンジンオイルの交換の時と同じく12mmのソケットレンチと廃油受けだけです。 ドレンボルトが奥まった場所にあるので、エクステンションを使った方のが簡単に外せます。エクステンションが無い場合は、クランクケースカバーガードを外してから作業を始めましょう。

 にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  人気ブログランキングへ

トランスミッションオイル以外のメンテナンス記録は、
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3335020.html

>>次

ookinatamatebako at 05:05 

2011年06月21日

新旧のドレンワッシャ
※ 写真をクリックすると大きくなります。

写真の左下は、数回使用したドレンワッシャーです。表面が潰れて段差が出来ています。
右下の新しいドレンワッシャーと見比べると違いが判り易いと思います。

ドレンワッシャーは、ドレンボルトを締め込むとワッシャーが潰れてガスケット(シーリング)の役割をします。
潰れる事によって、ドレンホールとドレンボルトの隙間を埋めオイルの漏れを防ぎます。
ドレンワッシャーに使われる素材は、アルミや銅・ノンアスベストシートです。
ホームセンターで売られている鉄やステンレスのワッシャーは潰れないので使用できません。

リード110用のドレンワッシャーの品番は、[94109-12000]。 
サイズは(19.8mmX12.3mmX2.0mm)。価格は31円だそうです。

エンジンオイルの交換方法は、
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2975771.html

  にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  人気ブログランキングへ

純正品が手に入らない場合は、アルミまたは銅の12mmのワッシャーで代用可能です。
それすらも手に入らないようでしたら、2・3回位でしたらそのまま使用しても大丈夫でした。
表面の段差が気になるようでしたら、砥石などで平らにすれば新品同様になります。
ホンダ用は31円なので、まとめ買いしておいても良いかも知れません。
 (ちなみに、上の写真の銅ワッシャーはヤマハ用[YAMAHA90430-12213]で221円します)

もっと安い『straight』の12mmガスケット

銅ワッシャー 10ピース M12 19-91412                    10枚 288円(会員価格)
アルミワッシャー 30ピース M12 19-91712                  30枚 270円(会員価格)
ドレンパッキン トヨタ用 10ピース M12 90430-12028 19-17001    10枚 261円(会員価格)
ドレンパッキン ニッサン用 10ピース M12 11026-01M00 19-17005 10枚 198円(会員価格)
ドレンパッキン スズキ用 10ピース M12 09618-12016 19-17015   10枚 279円(会員価格)
《商品名をクリックすると商品ページに移動します》

ドレンボルトを締め過ぎてドレンホールのネジ穴を壊しちゃった場合は、
オイルドレンホール修正キットまたはリコイル(RECOIL)リコイルキット で修復が可能です。
ただし、失敗すると手に負えなくなりますので作業に慣れていない方はプロにお任せしましょう。

>>次



ookinatamatebako at 21:50 

2011年06月19日

15000km

走行距離15,000kmになりました。前回のオイル交換から2,000kmが過ぎました。

今回は、通常のオイル交換以外にオイルストレーナの清掃も行います。

※ 《オイルストレーナ》は、HONDAのカタカナ表記をそのまま使用しております。

 通常のオイル交換はこちらをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2975771.html

オイルストレーナ

オイルストレーナ(オイルフィルター)の清掃は、オイル交換数回に1度の割合で行ってください。

 1)古いオイルを抜き取る(オイルの抜き方は、上のURLを参考にしてください)
 
 2)オイルが抜き終わったら、上の写真の中心に写ってるストレーナキャップを17mmのソケットレンチを使い外します。
  ストレーナキャップは、車体の左側(センタースタンド付け根の辺り)にあります。

外したストレーナ
  3)ストレーナキャップが外れると、中からオイルストレーナが出てきます。
 
 写真の左上が《ストレーナキャップ》 下に写ってるのが《オイルストレーナ》 右に写ってるのがオイルストレーナを押さえつける《スプリング》になります。
 
 《ストレーナキャップ》には30㎜の《Oリング》が付いていますが、今回は注文し忘れたので交換は出来ませんでした。

清掃後のストレーナ

 4)ストレーナをパーツクリーナー等で綺麗に清掃します。 
パーツクリーナーはゴムの劣化早める可能性がありますので、Oリングには使用しないようにしましょう。

 5)ストレーナの清掃が終わったら、元通りに戻します。 トルク:20 N.m
バネの反撥が強く締め辛いと思いますが、ネジの受け側を壊さないように丁寧に作業してください。

 6)ドレンボルトを締めたら、通常のオイル交換同様にオイルを入れてください。

新しいオイル700ml

これが今回入れたオイル700mlです。

古いオイル 0619s

こちらは、排出した古いオイルになります。 明らかに排出したオイルの方が少ないです。

 リード110のオイル交換時期は、6,000km?
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2983067.html

新旧オイルの比較

 左が古いオイル、右が新しいオイルです。古いオイルは、黒く汚れているように見えます。
エンジン内の汚れ(ガソリン燃焼時に出る煤)を洗い流し黒くなったようにも思えますが、100%化学合成オイルを使った場合は此処まで黒くはなりません。
では何故オイルは黒くなるのか? エンジン内の汚れで黒くなっているだけでなく、鉱物油に紛れ混んでいる不純物が焦げて黒ずむのが原因だそうです。
2,000km走るには80時間くらい掛かります。オイルの温度も100度前後まで上がりますので、オイルに含まれる不純物が100度の油で80時間熱し続けられ不純物が焦げるのでオイルが黒くなります。
化学合成オイルは、蒸留により不純物が取り除かれているので、鉱物油と比べて黒くなり辛いようです。

 にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
 人気ブログランキングへ

今回使った工具0619s

今回使用した工具。 オイル交換同様、17mmのレンチ、油受け、オイル挿しと雑巾です。

オイル交換は、http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2975771.html を参照にしてください。

オイルフィルター

図面の6番が《ストレーナキャップ》 7番が《オイルストレーナ》 8番が《スプリング》 18番が《Oリング》になります。

今まで行った整備記録は、下記のURLをクリックしてください。
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3335020.

>>次

ookinatamatebako at 17:04 

2011年04月13日

リード110のエンジンオイルの交換方法は、
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2975771.html
をご覧ください。

お客様センター オイル量


《HONDA お客様相談センター》によれば、リード110のオイル交換時期は、
初回のオイル交換を除けば6,000km毎の交換で良いそうです。

廃油バット

HONDA リード110のエンジンオイル交換(13,000km)
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2975771.html
の時に出てきた古いエンジンオイルです。

廃油量

2,000km(11,000km~13,000km)走った時点での廃油を量って見ました。 
ゴムベラを使って掻き集めましたので、誤差は少ないと思います。

前回の注油量

上の写真は、11,000kmのオイル交換の時の注油量です。(2月27日

【HONDAリード110のオイル交換をしてみた(11,000km)】 (参照)
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2355063.html

     注入量700cc - 排出量500cc = 消耗量200cc

結果的に2,000kmの走行で200cc以上オイルを消耗した事になります。

補給のしかた

オイル交換は、6,000km毎でも良いのかも知れませんが、オイル
量の点検は欠かさないようにした方がよさそうです。

エンジンを焼き付かせたら、多額の修理費を請求されますよ。

追記(6/20):15000kmでも排出したオイルを量ってみました。結果は13000kmと同様の結果でした。
  http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3610757.html

スーパーカブ110、110P、110PRO、110MDのサービスキャンペーン

カブ サービスキャンペーン

http://www.honda.co.jp/recall/campaign/110316.html

Oリングの耐熱性が不足しているため、そのまま使用を続けるとエンジンオイルが滲み出るおそれがあるそうです。
カブ110のオーナーの方は、対象車の車台番号をHPで確認してください。
 
 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村
 
 
サービスキャンペーン?
 バイクメーカーは、サービスの使い方間違えているんじゃないの?

 
【リード110のオイル交換方法は?】

http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2975771.html

>>次

ookinatamatebako at 08:00 

2011年04月12日

《エンジンオイルの交換方法》

交換に必要な工具とオイルを用意します。

1)17mmのソケットレンチ
2)廃油入れ (100円ショップで買いました)
3)計量ボトル(100円ショップで買いました)
4)ウエス(雑巾)

オイルは、ホンダ推奨の《ULTRA E1》です。
(ネットで700円+送料で販売されてます。4本まとめ買いしとけば、5回分位交換できます。)
オイル交換で使った工具

①エンジンを廻して、中のオイルを温めます。(3~5分)
 (オイルを暖めておくと、緩くなり排出し易くなります)

②センタースタンド左側の下に巾木入れて車体を傾けます。
 (より多くの油と粉塵を排出出来ます。)
センタースタンド左側

③オイルレベルゲージを緩めておきます。
 (レベルゲージが固着して開かない場合は、オイルを抜かずにオートバイ屋さんに持ってってください)

オイル注入口

④廃油口の下に廃油受けを置いたら、ドレンボルトを外します。
 (ドレンボルトは、17mmのソケットレンチを使って半時計廻りに廻します。)

ドレンボルト


⑤エンジンオイルを抜いてる間に、ドレンボルトを綺麗に掃除します。

ドレンボルトとドレンワッシャー

 部 品 名:ドレンプラグワッシャー12mm(19.8mmX12.3mmX2.0mm) 
 部品番号:94109-12000  価格:メーカー希望小売価格(税込)31円

⑥オイルを抜いたら、ドレンボルトを戻しておきます。 トルク:24 N.m
 (ドレンボルトは、決して強めに締めないでください)
※シーリングが付いてるので、軽めに締めてもオイル漏れはありません。
ドレンボルトを締め終わったら、周りをパーツクリーナーを使って油分を洗い流しておきます。
 (後日触ってチャックした時にぬるっとしたら、油漏れです)

強く締めるとオイル排出口の雌ネジ側を壊す可能性があります。

※ドレンボルトを締め過ぎてネジ穴を壊しちゃった場合は、《オイルドレンホール修正キット》または《リコイル(RECOIL)リコイルキット 》で修復が可能です。ただし、失敗すると手に負えなくなりますので作業に慣れていない方はプロにお任せしましょう。

オイル交換終了

⑦巾木をスタンドの右側に移して、エンジンオイルを注ぎます。
(注油量は、レベルゲージにも書いてあるように700mlです)

センタースタンド
オイル注入

⑧レベルゲージの蓋を閉めたら、オイル量を点検して終わりです。

オイル量の点検方法

作業お疲れ様でした。慣れれば20分くらいで終わる作業です。
  
 人気ブログランキングへ

前回のオイル交換(11,000km)は、
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2355063.html
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2413824.html

オイルストレーナ(オイルフィルター)の交換方法は?
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3610757.html

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村
 
HONDA リード110のオイル交換は早め早めがお勧め。
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/2983067.html

オイル交換以外の整備記録は、
http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3335020.html

>>次

ookinatamatebako at 19:08 
記事検索
プロフィール

たまてばこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ