2011年07月17日

リアタイヤの交換 その1

 今回は、リアタイヤの交換をします。

 1)マフラーを外す

 リアホイールを外すには、マフラーを外しておく必要があります。
 下の図面の7番の袋ナット2個と11番のボルト2本を外します。

 エキパイガスケット

 ※マフラーが熱いと火傷をしますので、必ず冷めているのを確信してから作業を行ってください。
 ※外す順番は、7番の袋ナットを先に外してから、11番のボルトを外します。先に11番のボルトから外すと、マフラーの重みでエキゾーストパイプ(マフラーに付いてるパイプ部分)を固定するマフラースタッドボルトを曲げてしまったりする場合がありますので、必ず7番の袋ナットから外すようにします。7番の袋ナットは、車体の下側に有り発見しづらいのでエキゾーストパイプを手繰って探してください。

 マフラーとボルト&ナット

 7番の袋ナットは10mmのボックスレンチ、11番のボルトは14mmのボックスレンチを使って外します。

 リアブレーキを固定する

 2)リアブレーキレバーをテープで固定する。

 ※電動またはエアー式のインパクトを使う場合は、この作業は省いてください。

 リアタイヤを外す

 3)リアホイールのアクスルナットを外す。

 ※24mmのボックスレンチを使ってアクスルナットを外します。 2)でリアブレーキでホイールが動かないように固定しているので、レンチを反時計廻すだけでナットが外れます。 ブレーキを固定しておかないと、ホイールが廻ってしまいナットが外せません。
 
 ブレーキを戻します

 4)ブレーキを戻します。

 ※ブレーキが掛かった状態だと、どんなに頑張ってもホイールを外せません。
  2)でブレーキを固定してない場合は、当然この作業は必要ありません。

 リアタイヤとナット

 5)リアホイールを車体から外します。 
 
  ※外したナットとワッシャーはパーツクリーナーで綺麗にしておく。

 リアブレーキ

 タイヤを外したついでに、リアブレーキシューの磨耗具合もチェックしとくと良いでしょう。

 6)リアタイヤのビードを落とす。

 ビードの落とし方は、【(パンタグラフ)ジャッキでビード落とし】を参照してください。
 http://blog.livedoor.jp/ookinatamatebako/archives/3894935.html 
 
 にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ  人気ブログランキングへ

>>次

お詫び: 【リアタイヤの交換 その2】を書く予定でしたが、写真紛失により投稿できなくなりました。締め付けトルクのみ記載してますm(-_-)m

【リアタイヤの交換 その2 《お詫び》】http://lead110.doorblog.jp/archives/3991217.html


ookinatamatebako at 01:50タイヤ  
記事検索
プロフィール

たまてばこ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ